相手への想いが伝わる「あなたならではの」贈りものをご提案します

右下に表示されているチャットボタンを押してお進みください。
いくつかの質問にお答え頂き、贈る相手やあなたの想いにマッチするつくり手/商品があれば、
マッチすると思った理由と共にご提案します。

つくり手のストーリー

終わりなき努力<br> - パイオニアが生み出す琉球ガラス -

終わりなき努力
 - パイオニアが生み出す琉球ガラス -

匠工房の松田さんは、常に”新しさ”を実現するための努力をし続けてきた。結果的に、積み上げた技術と斬新なアイディアで琉球ガラスのパイオニア的な存在となった。そんな松田さんの根底には「出来ないことを出来るようになりたい」という想いがある。小中学校の時にやっていたスポーツでも、琉球ガラスの仕事でも、その想いと努力するスタンスは決して変わらない。一つのことへ打ち込み続ける中で新しさを生み出すような人、愚直なまでに努力し続けることができる人へ贈りたいストーリー。

終わりなき努力
 - パイオニアが生み出す琉球ガラス -

匠工房の松田さんは、常に”新しさ”を実現するための努力をし続けてきた。結果的に、積み上げた技術と斬新なアイディアで琉球ガラスのパイオニア的な存在となった。そんな松田さんの根底には「出来ないことを出来るようになりたい」という想いがある。小中学校の時にやっていたスポーツでも、琉球ガラスの仕事でも、その想いと努力するスタンスは決して変わらない。一つのことへ打ち込み続ける中で新しさを生み出すような人、愚直なまでに努力し続けることができる人へ贈りたいストーリー。

ゼロイチを楽しむ<br> - 選べる楽しみのあるコースター -

ゼロイチを楽しむ
- 選べる楽しみのあるコースター -

石橋鉄工所は金属加工の技術を活かし自社ブランドを立ち上げた。その根底には、2代目経営者である石橋さんの”今はまだ無いモノ”を作ることが好きだという価値観がある。過去の経営危機の際も、昼は本業の仕事をしながら、夜はまだ見ぬカフスを作るための研究を行うという生活を1年以上続けた。そんなスタンスで仕事をする石橋さんの周りには自然と人が集まってくる。逆境の中でも、明るく仕事や人に向き合い続けてきた人へ贈りたいストーリー。

ゼロイチを楽しむ
- 選べる楽しみのあるコースター -

石橋鉄工所は金属加工の技術を活かし自社ブランドを立ち上げた。その根底には、2代目経営者である石橋さんの”今はまだ無いモノ”を作ることが好きだという価値観がある。過去の経営危機の際も、昼は本業の仕事をしながら、夜はまだ見ぬカフスを作るための研究を行うという生活を1年以上続けた。そんなスタンスで仕事をする石橋さんの周りには自然と人が集まってくる。逆境の中でも、明るく仕事や人に向き合い続けてきた人へ贈りたいストーリー。

変化を楽しむ<br> -融合から生まれる陶磁器雑貨-

変化を楽しむ
-融合から生まれる陶磁器雑貨-

杉浦さんは、日本ならではの製法により生まれるタイルの奥深さを味わってほしいと思い、自社ブランドを開発した。入社直後は経営状況が良くなかったが、そうした困難や変化のある毎日も前向きに楽しみながらモノづくりを行ってきた。その根底には、会社を守っていきたいという幼少の頃から変わらない想いがある。苦しい状況でも変わることを楽しめる人や昔から大切にしている想いを持ち続けている人へ贈りたいストーリー。

変化を楽しむ
-融合から生まれる陶磁器雑貨-

杉浦さんは、日本ならではの製法により生まれるタイルの奥深さを味わってほしいと思い、自社ブランドを開発した。入社直後は経営状況が良くなかったが、そうした困難や変化のある毎日も前向きに楽しみながらモノづくりを行ってきた。その根底には、会社を守っていきたいという幼少の頃から変わらない想いがある。苦しい状況でも変わることを楽しめる人や昔から大切にしている想いを持ち続けている人へ贈りたいストーリー。

自然体な明るさ<br> - 手入れ感を追求した革手袋 -

自然体な明るさ
- 手入れ感を追求した革手袋 -

クロダのビジョンは”手に喜びをまとう”。その実現を目指す2代目経営者である棚次さんは、自然体な明るさをまとった方だ。現場から叩き上げで社長になったこともあり、社員に対してもフラットで優しい。だからこそ、職人さん一人ひとりは余計なことを考えず、扱う素材と対話するかのように目の前の仕事に集中している。虚勢を張らず飾らない人や周囲に対して自然と明るく接することができる人へ贈りたいストーリー。

自然体な明るさ
- 手入れ感を追求した革手袋 -

クロダのビジョンは”手に喜びをまとう”。その実現を目指す2代目経営者である棚次さんは、自然体な明るさをまとった方だ。現場から叩き上げで社長になったこともあり、社員に対してもフラットで優しい。だからこそ、職人さん一人ひとりは余計なことを考えず、扱う素材と対話するかのように目の前の仕事に集中している。虚勢を張らず飾らない人や周囲に対して自然と明るく接することができる人へ贈りたいストーリー。

全力で向き合う<br> - 山中塗のステンレスボトル -

全力で向き合う
- 山中塗のステンレスボトル -

縁音-enne-は、伝統工芸の技術を取り入れつつ、斬新なモノづくりを行っている。そこには、創業者である桑村さんの常識にとらわれずに、自分が必要だと思うことを妥協なくやり切るスタンスが反映されている。そのスタンスが伝統工芸の技術者たちを巻き込むことに繋がった。良い意味で周りを気にしない人、人にもコトにも徹底的に向き合える人へ贈りたいストーリー。

全力で向き合う
- 山中塗のステンレスボトル -

縁音-enne-は、伝統工芸の技術を取り入れつつ、斬新なモノづくりを行っている。そこには、創業者である桑村さんの常識にとらわれずに、自分が必要だと思うことを妥協なくやり切るスタンスが反映されている。そのスタンスが伝統工芸の技術者たちを巻き込むことに繋がった。良い意味で周りを気にしない人、人にもコトにも徹底的に向き合える人へ贈りたいストーリー。

しなやかさと強さ<br> - 地産の柑橘系アロマ -

しなやかさと強さ
- 地産の柑橘系アロマ -

高橋さんは10代後半に大好きなアロマで起業した。しなやかなコミュニケーションスタイルとは裏腹に、高橋さんは自分が興味を持ったことに対して、徹底的に行動しないと納得できない。徹底的に行動する理由は、成果を出すことへのこだわりが強いから。「学生で起業したことではなく、成果を褒めてもらえると嬉しい」という言葉にもあらわれる。自然体でしなやかな雰囲気の中に、芯の強さやこだわりを持った人へ贈りたいストーリー。

しなやかさと強さ
- 地産の柑橘系アロマ -

高橋さんは10代後半に大好きなアロマで起業した。しなやかなコミュニケーションスタイルとは裏腹に、高橋さんは自分が興味を持ったことに対して、徹底的に行動しないと納得できない。徹底的に行動する理由は、成果を出すことへのこだわりが強いから。「学生で起業したことではなく、成果を褒めてもらえると嬉しい」という言葉にもあらわれる。自然体でしなやかな雰囲気の中に、芯の強さやこだわりを持った人へ贈りたいストーリー。